地方の合宿免許を受ける利点

合宿免許は自動車学校に通うよりも楽に免許が取れると言われています。その理由はどこにあるのでしょうか。



一つに合宿免許が行われる地域にあります。合宿免許があるのは主に地方の自動車学校です。
関東圏にも神奈川県藤沢にて行われていますが、代表的なのは、長野・山梨・茨城など、都心から離れたエリアです。合宿先では交通量が少ない地域も多いです。免許取得のカリキュラムでは、仮免許を取得していこうは実際の道路に出て運転を行います。

最後の卒業試験も道路上で行われます。



交通量が少ないと、演習・試験の難易度は低下します。例えば車間距離のキープ、狭い道ですれ違う時の対応など、車両が増えれば必要となる対応は多くなります。

車が少なければ比例して要される対応も少なくなります。


この低難易度は問題ではありません。そも、訓練は徐々に慣れるべきです。



はじめからたくさんの車がある道路での演習は難しく、様々な対応に追われ、ステップアップに時間がかかります。

初めは地方の交通量が少ない道路で練習を重ねるべきです。

都心の道路になれるのは免許取得後でも問題ないでしょう。


免許を取ってから、助手席に車になれている人を載せてアドバイスをもらいながら都心の交通量になれて行けば問題ありません。
基本となる交通ルールは日本一円で共通です。