合宿免許を利用する前の準備

合宿免許で通常免許を取得する場合、地域や時期・受講者の技量に前後されるが、たいてい2週間の合宿が予定されている。
合宿免許には一教習所にも複数のプランがある。



主に宿泊先によって料金が前後される。

ホテルなどのシングルルームを利用する場合は少し追加の料金が必要となる。
一番費用が掛からないのは、合宿所などで同じ受講者と相部屋になるプランだ。

苦手な人は例外だが、なるべき相部屋をおススメしたい。

料金もあるが、目標を共にする仲間と一緒に生活すると、免許取得へのモチベーションが保ちやすい。


空き時間に一緒に遊び、友人を作った受講者も珍しくはない。


ここで気を付けたいのは事前の準備だ。
合宿所では普段の生活や通常の宿泊施設とは相違点があり、意外なものが重宝する。


一つはコンセントのタップ。



三又プラグなど、コンセントの受け口を増やす器具だ。

相部屋を利用するときは、コンセントが不足しがちになる。

延長コードで、コンセントの受け口を増やしておくと、相部屋の仲間でコンセントを取り争うことはない。特に延長コードを利用すれば、枕元で携帯電話を利用しながら充電しやすい。

スリッパも気になる人は持っていこう。

たいてい合宿免許の資料には、内履きは必要か否かは記載されている。必要でないなら問題ないと思いがちだが、あなたは共用のスリッパを利用できるだろうか。


不快感を感じるのなら、個人の内履きを用意すべきだ。

あとはマスクを用意しよう。



相部屋の人が風邪をひいてしまった時、うつされる危険性は高い。


もちろん仲間たちも体調管理はしっかりするだろうが、それでも病気にかかることはある。転ばぬさきの何とやら。

合宿免許を成功させるためには用心するのが一番だ。